プロフィール

『進んで、止まって、あがいて、ようやく動く時間』

 

はじめまして、Ryoと申します。

 

当サイトは、幼少期からの溜まってきた『もの』を吐き出していくためのに作成しました。

 

 

少し人と違う人生を送ってきた経験を書くことによって、今、人生で悩んでいる人の心が少しでも楽になればと思います。

 

 

生い立ちから書いているため大変長文になっているので、興味がない人は読まなくて大丈夫です。

家庭環境がぐちゃぐちゃだった子供時代

うちの家庭は一般的によくあるような、両親の仲が悪い家庭でした。

 

父は自宅で母とともに飲食店を営んでいる、いわゆる自営業の共働き夫婦でした。

 

亭主関白で母のことを名前でいるのを聞いたことがなく、父の言うことは絶対で誰も逆らうことができない状態で、

父と母が言い争っていたり、母が泣いていたり、家から出ていって数日帰ってこないこともありました。

 

 

そんな状態が続き、

自分が中学生になったくらいのとき、父親が不倫相手を二人も自宅の飲食店で働かせるようになりました。

 

母は当然居づらくなり、父からの生活費も貰えなくなったので外に働きに出るようになりました。

 

そして父親は家に帰ってこなくなり、私が20代前半のときに離婚することになります。

 

 

その慰謝料として母が住むための家を買い(修繕が必要なほどのボロ家でした。)、自分は母親の方へついたこともあり、

家のローンは父が払うことになっているのですが、その家の名義を私と母の名前で買うことになりました。

 

 

それから数年後、突如銀行から自分宛てに「来月末までにローンの滞納分を払わないと財産を差し押さえることになります。」という通知が届いたのです。

 

 

家のローンは父が払っていると思っていたので、何のことか分からずに父に電話しました。

私:「家のローン滞納の通知が来たんだけど」

父:「家、速く売ったほうがいいよ」

と一言で電話を切られ、それから着信拒否をされてしまいました。

 

滞納分は100万円以上で残ったローンはまだ、1500万円近くで、私と母の名義になっているため、全てこちらにきてしまったのです。

 

やられた!

 

後で分かったことですが、父の商売がうまくいかなくなりローンが払えなくなったとのことでしたが、そんなこと子供には関係ないこと。

 

 

このときは父親に対して、

死んでくれクズ野郎

と思いました。

 

 

とにかく来月までに100数十万と、残ったローン1000数百万を支払わなければならない現実を受け入れなくてはならなく、

親戚からお金を借りて、妹も支払いに協力してくれることになり、残りのローンを払っていきました。

 

妹には感謝しています。

 

現在は家も売れて、ローン返済も完了している状態です。

 

そして父親は、父の兄や姉たちとも仲が悪く、父の母(私のおばあちゃん)の葬式にも呼ばんでもらえなく、一族から排除されている状態です。

 

お金関係で父親の兄、姉と揉めているようですが、巻き込まれたくないので詳しくは聞いてません。

 

 

こんな家庭環境で育ってきた自分は、正直、父と母の両方に対してあまり感情が入らず冷めていきました。

自分が作られたのは自分のせい

私は、喜怒哀楽のの感情がとても薄く、よほどのことがない限り喜びを表現することがない、

なのでリアクションも薄いため、なにを考えているか分からないと思われ、嫌われることもありました。

 

さらに、人と話をしたりコミュニケーションをとることが苦手、なにを喋っていいのかどのように接していいか分からない子供だったので、

人と深く関わるのことを避けて生きてきました

 

今も基本はあまりしゃべらないのですが(笑)。

 

 

しかし、人とどのように接していいか分からないというのは、

話すのが苦手なカッコ悪い自分の姿を見られたくない

という、人にどう見られるかの体裁ばかりを気にしていたからでした。

 

 

元々、ものづくり(DIY的な)やゲームをすることが好きで、一人でいることが大好きなのですが、

その反面、

「たくさん友達が欲しい」

「人と多く関わりたい」

というような矛盾した思いを抱えていました。

 

要は、人のやっていること、人のもっているものを羨ましがるブレブレな性格だったので、

友だちが多く人付き合いが上手な人を見て、自分にないものに嫉妬していたのです。

 

 

一人が好きで話すのが苦手でコミュ障、

このような性格が出来上がったのは、決して家庭環境のせいではなく

体裁を気にしてチャレンジしない苦手なんだから仕方がないと考える臆病で甘ったれた心が原因でした。

発達障害だと思った

高卒で就職した、家電量販店の販売の仕事を機に、嫌でも人と接していかなければならないため、徐々に話すことにもなれていきました。

 

 

コミュ障が克服できたわけではないのですが…

 

 

この販売の仕事は10年続くのですが、人間関係のトラブルが多かったり、月に100時間以上は必ず残業があったり、いろいろなことが起こりましたが、

面倒見のいい先輩、いつも親身になって悩みを聞いてくれた先輩、慕ってくれた後輩がいて、

いろいろな人に恵まれていました。

 

そして、徐々に仕事もこなせるようになり順調に出世もしていきました。

 

しかし、出世していくに従って、役職の責任が重くのしかかってくるプレッシャーに負け、

「このままでは店長になってしまう」

と思い、次の就職先も考えずにその重圧から逃げて会社を辞めました。

 

 

その後、しばらく就職せずに遊びすぎて貯金もなくなり、当時の彼女に養ってもらうという、ヒモ状態が半年くらい続き、

ようやく「そろそろ職探ししないと、仕事自体ができなくなる」と思い、

接客業が嫌いなため、今度はデスクワークの仕事に就くことにしました。

 

 

そこで気がついたのが、

仕事の細かい作業(データの入力や図面作成)で必ずと言っていいほど、イージーミスをする、というものでした。

 

一つ一つを細かくチェックしているつもりでも、全てをくまなく見れていない、必ず見落としてしまうのです。

「単に仕事ができないだけなんじゃないの?」

と言われればそれまでですが、

複数あるものを同時に見ていくということが極端に苦手なのです。

 

 

さらにこれまでの経験で、

  • 人に影響を受けてつられてしまうことが多い。
  • コミュニケーションが超苦手。
  • 人間関係のトラブルが多い。

こういったことも含めて、「自分は人と違うのではないだろうか」「人より劣っているのではないだろうか

と考えるようになっていきました。

 

 

何年も「自分は人より劣っている」と悩んでいたとき、

偶然本屋さんで、「大人のアスペルガー症候群」という本をたまたま手にとったのです。

 

当時はまだ、大人の発達障害というのがあまり知られていないときだったと思います。

 

この本の内容を見たときに、「まさに自分に当てはまる」と思いました。

 

そして「自分も診てもらいたい」と思い、

病院を探したのですが、当時は専門病院が少なく、

発達障害を扱っていると思われるところへ片っ端から連絡して、唯一関東で診てくれる病院にたどり着きました。

 

それが「昭和大学附属烏山病院」でした。

 

そして早速電話をしましたが、予約は月初めの一回だけ、そのときに来月の予約を取れるというものでした。

 

電話をしたのが予約受付日を過ぎていたため、仕方なく来月まで待ち、再度連絡をし、なんとか予約を取ることができました。

 

そして烏山病院に最初に電話を書けてから2ヶ月、ようやく予約日がきて来院しました。

「結構な人数の患者さんがいるな」

というのが第一印象で、病院は患者さんで溢れている状態で、自分が思っていたよりも自身で発達障害を疑う人が多いと感じました。

 

 

受付を済ませ、渡されたのが膨大な量のチェックリスト。

 

それを書き終わり看護師さんに渡し、さらに2時間待って名前が呼ばれ医師のもとに診察に行きました。

 

医師が自分が書いたチェックリストを見ながら、

「発達障害ではないですね」

「あなたぐらいの人は普通にいるよ」

「特に問題ないですね」

と言われ、5分ほどで診察は終わり病院を後にしました。

 

正直、ショックでした。

 

自分が仕事ができない、人間関係が上手くいかないのは発達障害のせいだと決めつけていたそう思いたかったのです。

 

 

それを違うと言われ、

ただ仕事ができないだけ、コミュ障なだけということを受け入れられない、でも受け入れるしかない現実に絶望しました。

発達障害におけるグレーゾーン

発達障害ではないと言われても、心のどこかではまだ納得がいかないまま日々を送っていました。

 

昭和大附属病院で診断を受けてから約10年、ユーチューブが流行りだして、発達障害の人も様々な発信をしているのを見るようになりました。

 

その中で、ある人が「発達障害にはグレーゾーンがある」というのを話していました。

 

発達障害には診断されにくい人がいる。

 

さらに調べると、昭和大附属病院は診断が厳しいらしく、チェックリストがほぼ当てはまらないと発達障害と診断されないと聞きました。

※私の個人的な調べなので間違っているかもしれません。

 

そしてネットでグレーゾーンの診断をしてもらえる病院を探し、診断を受けに行きました。

 

そうしたら、ADHDに高い水準で当てはまることが分かりました。

 

正直、ホッとしました。

「やっぱりそうだったんだ」

「自分の考えは間違ってなかったんだ」

と思いました。

 

 

間違っていたのは、自分の弱さを認められずに言い訳ばかりを考えていたこと

 

しかし、今度はダメな自分に対するいい訳ではなく、自分の正体がはっきりした感覚なのです。

進んで、止まって、あがいて、ようやく動く時間

これでようやく私自身が何者かわかった。

 

細かい作業が苦手なことも。

イージーミスを連発することも。

疲れやすいことも。

コミュニケーショが苦手なことも。

上司とのトラブルが多いことも。

仕事が長続きしないことも。

 

もちろん私自身の至らないところも大きいかと思いますが、それだけではなかったことが分かってようやく前に進める。

 

そして今までの出来事を話すことができる。

このサイトを始めた理由

これまでは、自分と向き合わず、自身をさらけ出すことを恐れていました。

 

それは、

自分を認めていなかったから。

自分の人生を認めていなかったから。

そして他人にどう思われるか怖かったから。

 

 

ちっぽけなプライドを捨てられずに強がって、偽りの自分を作り上げていました。

 

しかし、いろいろな人に出会って、その人たちの生き方から学んでいくうちに、

「このままでは、自分の親にさえ感謝できない」

「人に感謝するためには、誰かの役に立てることを考えてみよう」

「そうだ、自分が経験したことを伝えたら、少しは誰かの人生の手助けにならないだろうか」

そう考えるようになりました。

 

そして、

自己中心的に生きてきた私が、あがきながらも自分自身を知り、今の考えに行き着くことができたのは、

周りの人との出逢いであり、さらにその人たちが絆げてくれたさらなる出逢いによって、

そして、周りの人たちの助けがあったからでした。

 

 

もし私と同じように、自身の能力、性格、体質などで悩んでいる人がいたら、

自分が周りの人の助けによって前に進めるきっかけをもらったように、

自分の発信する言葉が誰かが前に進むためのきっかけになれたら、こんなに嬉しことはありません。

 

 

まだまだ挫折して立ち止まって、葛藤していくともいますが、そのたびに失敗もさらけ出していきたいと思います。

 

 

このサイトが誰かの人生が進むきっかけになれば幸いです。

 

 

長々と綴ったプロフィールを最後まで読んでいただきありがとうございます。

転職人生の職歴

一応、簡単にこれまでの職歴を書いていきます。

【高卒で就職】

【家電量販店の正社員】

10年間(19歳~28歳まで)勤務、それなりに出世もしていた。

この後の10年間を見ても、収入と精神的な成長が最も高まったころだった(現在を除く)。

しかし、出世していくプレッシャーに負け次の仕事も考えずに退職。

【失業保険をもらいながら堕落した生活を送る(彼女のヒモ状態でもあった)】

【CADの学校へ通う】

【建築関係のCADオペレーターのバイトとして就職】

【建築関係の紹介予定派遣➡契約社員となる】

細かい仕事が苦手でミスして怒られているばかりの環境と、人間関係に嫌気が差して逃げて転職。

【注文カーテンのルート営業】

1年間、たいして売上が上げられず、営業はそもそも向いていないと感じて(できない自分から逃げて)転職。

【アウトソーシング業の契約社員➡1年後に正社員の予定がボツ】

入社から半年経ったころ、リーマンブラザーズショックによる正社員以外、1年契約で全員クビという通達がきて無職になりかけるが、

運良く契約終了1ヶ月前に派遣会社から連絡が来て就職。

実力が足らず、会社に貢献できていなかったので、正社員になれなかったのだと思う。

【建築関係の派遣社員】

やはり細かい作業が苦手でミスばかりしていたのと、人間関係が最悪(言い訳かもしれませんが、歴代の契約社員がことごとく辞めていく)の環境で続けられなくなり転職。

【外貨両替の窓口業務の派遣社員(この間、副業に挑戦するが挫折)】

これは以外と簡単で、自分が好きなスピード感のある仕事だったため、苦もなく続きました。

(ちなみに派遣は高時給な仕事が多いため、ダラダラ続けていくパターンが多く、自分もそのパターンでした。)

しかし1年経とうとしていたころ、

「このままダラダラと派遣やってていいのだろうか?」

「この会社の正社員は皆年上だけど、また他の企業に派遣で入ったらほぼ年下の正社員で恥ずかしいし、情けない」

「でも、転職したとしても年齢的に正社員で雇ってくれるわけはない」

「そもそもこんな自分が正社員でやっていけるわけがない」

と考えていましたが、

「じゃあなにすればいいのだろう?」

「とにかく転職しなきゃ、なんとなく送っていく人生から脱出しなければ」

と思い行動をはじめました。

このときから副業に挑戦するも失敗。

【リラクゼーションセラピスト】

リラクゼーション業界で、2社クビになりながら8社以上を転々とする。

このとき、副業挑戦4回目でやっと収入を得ることに成功します。