小室圭さんの発言が変わっていっていますね。

2017年5月に初めて眞子様との婚約内定の報道があった時、将来の夢を国際弁護士と言っていました。

この時はチャラいということも言われていましたが、国民全体的に小室さんに対して割と良いイメージがあったかなと思います。

それが小室家の内情が明るみに出てくるにつれて、外交的な仕事をしたいに変わっています。

小室さんは本当はまだ夢など決まっていなく、とりあえずその場だけを乗り切ろうという考えで生きているような気がします。

ですがそこには母親の借金返済とは違う、計算された別の考え、裏事情の顔があるのかもしれません。

そして皇室の結婚や離婚、慰謝料についても調べてみました。

Sponsored Link

小室圭さんの裏話事情、その顔に将来の夢はなかった?

最初の夢は国際弁護士?

小室圭さん最初の就職先は三菱東京UFJ銀行でした。

こんな一流企業に就職できたのに、わずか2年で辞めてしまいます。

そして今は一橋大学大学院に通いながら、法律事務所でパラリーガルとして努めています。

パラリーガルの仕事は主に弁護士の補佐的な役割ですが、雑用もあり、小室さんにコピーをお願いしてもうまく出来ないなどと言われています。

小室さんは仕事ができないのではと噂されていますが、コピーが出来ないというのはあまり考えにくいですね。

やる気が無いのでしょうか。

これは小室さんにコピーを頼んだ人の意図をちゃんと理解できていないということかもしれませんが、

最初は、国際弁護士になりたいと言って就職していながら、本当はあまり弁護士の仕事に興味が無かったのかもしれません。

最近の夢は外交的な仕事?

すごく抽象的ですね。

小室さんは、中高とインターナショナルスクールに通い、国際基督教大学(ICU)時代に留学を経験しているかもしれませんが、

今の法律事務所ではビジネス英語にも対応できていないようで、外交官とか目指しているのでしょうか。

眞子様と結婚したいだけで自分の将来の仕事や2人で生きていくことなど考えていないように感じます。

Sponsored Link

皇族の結婚と離婚の慰謝料は?

皇族が結婚したらどうなるの?

女性の皇族が一般の男性と結婚した場合は、皇族ではなくなります

皇族には戸籍はなく、皇籍というのがあるそうで、女性の皇族は結婚することで皇族を離れて民間人になりますが、

その際に眞子様に国から1億3000万円ともいわれる一時金がでます。

皇族の仕事は公務になり、皇族というのは職業選択の自由がなく、勤務できるのは公益を目的とする非営利団体だけと決められていますので、

眞子様が一般人となった場合は、当然一般の仕事をすることになります。

皇族出身の方は離婚できるの?

皇族出身の方も離婚は出来ます。

一般男性との結婚によって民間人になるので、離婚もできるということです。

皇族出身の方が離婚すると、新しく戸籍が作られるそうで、皇族に戻るということはなく、その後も一般人として生きていくこととなるようです。

こういう事も含めて眞子様と小室圭さんの結婚には皇室関係者は将来の先の先まで考えて慎重にことを運んでいるのでしょうね。

離婚した場合の慰謝料は?

結婚して一般人同士となったからには離婚の場合も慰謝料が発生します。

その場合の慰謝料も離婚となった原因やそれまでの生活から考えて一般の人と同じように料金が発生することになるでしょう。

ということは、

眞子様と結婚するに当たり、仮に小室家の目的がお金であったとしても眞子様が頂くお金は税金から出されるものなので、

それを母親の借金に当てるなどは当然分かってしまうので出来ないと思います。

しかしこれが離婚した場合、その慰謝料だったらどうでしょうか?

元々国から一時金として出ているとはいえ2人のものであって、さらに離婚の慰謝料として分配されるのであれば、

ある程度は叩かれるとしても、自由なお金が手に入るのはかなりの得かもしれません。

まとめ

小室圭さんや母親のから見る裏事情について、

皇族の結婚と離婚、慰謝料について、

を調べてみました。

眞子様と小室圭さんの報道から一年足らずですが、展開が目まぐるしく変わり小室家の様々な事情が出てきました。

今は国民の殆どが眞子様の味方といった感じですが、どんな形であってもお二人とも幸せになるのが一番だと思います。

Sponsored Link