吉田夕梨花選手(リード)は、海外の選手からクレイジースイーパーと呼ばれるほど、

その152cmの小柄な体からは想像もつかない強力なスイープ力で何度も日本を勝利に導いています。

その強力で神業的なスイープが予選リーグ最終戦ではあまり見ることができませんでした。

テレビ放送のカットではなく実際にスイープをする場面が減り、姉の吉田知那美選手に任せている場面が見えました。

これまで、あれほど力強いスイープをしていたにもかかわらず、予選最終のスイスとの戦いでは、途中から長袖になったりと体調不良や怪我などがあったのでしょうか?

Sponsored Link

ls北見メンバー吉田夕梨花選手がスイープしてない訳は?長袖で体調悪いから?

 

平昌オリンピックのカーリング女子、予選リーグ最終戦のスイスとの対戦で「4-8」で敗れてしまい、通算成績を5勝4敗となりました。

しかし、同時刻に行われていたアメリカがスウェーデンに敗れたため、日本は4位が確定し初の準決勝に進出することができました。

そのスイスとの一戦でおやつタイムの後からでしょうか、それまで半袖だった「吉田夕梨花」選手は一枚羽織り、動きが鈍くなったように感じました。

さらに、姉の吉田知那美選手がフォローするように自分で投げたストーンを自らスイープしていました。

これを見て吉田夕梨花選手に怪我や体調不良などがあったのか心配になりました。

真相は分かりません。

Sponsored Link

プロフィール

 

【吉田 夕梨花】(よしだ ゆりか)

生年月日:1993年7月7日(24歳)

身長:152cm

体重:46Kg

出身地:北海道北見市常呂町

出身中学:北見市立常呂中学校

出身高校:北海道常呂高等学校

出身大学:東海大学(国際文化学部国際コミュニケーション学科)

性格:几帳

特技:早起き、整理整頓、水泳

趣味:スポーツ、スポーツ観戦、ピアノ、映画、ネイル

好きな言葉:大丈夫、きっとできる!

好きな色:白

好きな食べ物:お母さんの作ったおにぎりとからあげ

好きな映画・音楽・本:スラムダンク、リアル(マンガ)

休日の過ごし方:買い物、映画、DVD観賞

 

「吉田夕梨花」選手は、日本代表チーム「ロコ・ソラーレ北見」の吉田知那美選手の妹さんです。

 

チーム最年少24歳でリード(一番手)を任される、かなりの実力を持った選手だと思います。

もし、予選リーグ最終戦のスイスとの対戦で夕梨花選手がスイープしていたら、実力をだしきれていたら、勝利で準決勝に進出していたかもしれません。

責めているわけではありませんが、それほどLS北見が勝ち進むには重要な選手だと思います。

まとめ

23日の準決勝では、予選1位通過の地元、韓国と対戦します。

韓国は、予選リーグを8勝1敗で予選首位通過を果たしましたが、この唯一の1敗というのは、なんと日本に喫したものです。

予選では勝っている日本がいいイメージで準決勝も勝って欲しいところですが、それには吉田夕梨花選手の力が絶対的に重要になってくると思います。

もし出られなければ、本橋麻里選手が代わりを務めることになると思いますが、

本橋選手が後ろで見守っているからこそ、他の選手が安心して100%の力が発揮できるのだと思います。

21日の予選リーグ最終戦から23日の準決勝まで丸2日あるので体調を万全にして臨んで欲しいです。

【2018年平昌オリンピックのカーリング女子開催予定日】

決勝:2月23日(金)20:05〜

Sponsored Link