お子さんの将来のために習い事をさせようと思う親御さんがほとんどだと思います。

 

でも何をさせれば良いのだろう

とりあえず英語は必要だろう

とりあえず水泳かな

とにかく何かを習わせたほうがいい、習わせないといけない、でも何を習わせればいいのだろう?

 

どうしたら良いか何を学ばせようか非常に悩むと思います。

そんなときに、

 

「ママ友に聞いてみようかな」

「そうだインターネットで調べて参考にしよう」

 

などいろいろな方法で情報収集をすると思います。

しかし、その方法は大丈夫でしょうか?

 

習い事は他の家庭がやっているから同じものなら安心。

人気がある習い事をさせておけば安心。

ネットでランキング上位だから安心。

子供の将来役に立つものを考えた上で、もしこのような感じで決めているのだとしたらもう一度よく考えてみた方がいいかもしれません。

自分の子供が社会人となる20年後の時代を。

Sponsored Link

子供の習い事おすすめランキングは時代に合っているのか?

 

習い事の目的は子供の将来のため、

今の現状を変えたい喘息対策などのため、

コツコツ努力することを覚えるため、

集中力を高めるため、

など他にも様々な考えでどこかの教室に通わせると思います。

 

習い事ランキングを見ると、

  • 水泳
  • 英会話
  • ピアノ
  • 書道
  • 学習塾
  • 体操
  • サッカー
  • そろばん
  • ダンス
  • 空手
  • バレエ
  • 野球

大体このあたりがトップテンに入ってくるかと思います。(上記は順不同)

水泳」「体操」「空手」などは喘息の対策体力づくり精神を鍛えるためなどの理由、

英会話」は将来の必要性小学校での必須化に備えるため、海外経験身近な外国人の存在の影響などが理由のようです。

 

その時の流行りや学校の授業に組み込まれるようになってランクインする習い事もありますが、英会話はほとんど1位か2位に入ってきますね。

でもその英会話教室は本当に必要なの?

そもそもどんな将来を考えてその習い事が必要なのか?

習い事ランキングに英会話はいつも上位に入っていますが、これからも必須の習い事にランクされると思われます。

その理由としては将来の必要性や海外経験とありますが、

たしかに将来海外進出する企業が増えたり、逆に日本に進出してくる外国人も増え英会話は必須かもしれません。

 

しかし、日本の英会話教室で将来仕事で使える英語がどのくらい身につくのでしょうか?

子供の頃から英会話教室に通っている人で将来それを役立てている人はどのくらいいるのでしょうか?

将来本当に必要とされる英語力とは?

将来本当に必要とされる英語力というのは

バイリンガルの発音を聞き取り理解する力

相手に通じる発音で話せる力

文章力

が必要かと思います。

ではそのためにはどうやって身につけるのか?

そのためにはやはり常に英語に触れる事ができる環境が必要かと思います。

英語に触れる環境とは、周が外国人ばかり、英語しか聞こえてこない環境ではないでしょうか。

英会話教室は基本的に、教室にいる時間は全て英語での会話をしましょうとなっています。

ですがその時間は長くても2時間程度だと思います。

1日の間でわずか2時間だけです。

 

それでは圧倒的に日本語に触れている時間が多く脳は日本語が多く占めることになり、

多くの単語や簡単な文章は覚えることはできても将来会話をするとなると本当に出来るようになるのでしょうか。

 

もし本気で将来を考えて仕事で使える英会話を学ばせたいのであればインターナショナルスクールに入れるぐらいしたほうがいいと思います。

お金をかけて英会話教室に通わせるなら学校の勉強でも大差ないと思います。

Sponsored Link

子供の習い事は時代に合っているのか?

 

毎年習い事のランキングトップテンを見る限りでは新たに学校の授業に組み込まれたり、流行りで新しいものがランクインすることはあっても、

そのほとんどの順位がトップテン内で入れ替わるだけのように見受けられます。

今時代の進化は目まぐるしくどんどん新しいものが出てくる中で働き方も変化しています。

 

以前はお客様が店頭に来て物を販売したり、営業がお客様のところに出向いたりと足で稼いでいました。

それが今はインターネットでの商売が進みパソコンやスマホを使ってのネットビジネスが多くそれはこれから当然のごとく増えてくると思われます。

そんな中、将来を考えて習い事を選んでいながらその習い事に変化が見受けられないように思います。

これからの時代、学んでおきたい習い事は?

現在、仕事をする上でどこかの企業に就職するよりも自ら会社を立ち上げる人が出てきています。

大学生で起業をする人など若い人の起業が多くなり、さらにネットビジネスが盛んになりこの先も増えてくると思われます。

さらに20年後はパソコン、インターネットを使っていない会社など無いのではないでしょうか。

そう考えるとやはり今必須の習い事はパソコンの使い方ではなく、プログラミングや構築といったパソコン関連の習い事だと考えます。

子供の習い事で本当のおすすめは!

 

おすすめの習い事は3つです。

それは、

  • リトミック
  • そろばん
  • パソコン関連

と考えます。

その理由は?

【リトミック】

「リトミックとは、スイスの音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズ(1865―1950)が創案した音楽教育法で、リズムを身体の運動によって把握させようとするもの。」

幼児期に必要でおすすめはこの「リトミック」です。

リトミックの本来の目的は豊かで可能性あふれる人格形成であり、その人格を形成する3つの要素は、

心(マインド)

力(パワー)

感受性・創造性(キャラクター)

この3つがバランス良く成長していくのが大切です。

リトミックは人間にとってごく自然な表現方法である音楽を手段とし、その結果まず音楽能力の向上につながります。

リトミックは人が成長していくために必要なものであり、幼児期に必須の習い事だと思います。

【そろばん】

まず、そろばんは大量の計算を繰り返すことで、数字に強くなり、暗算で即答えが出る処理速度が飛躍的に上がる効果があります。

意外かもしれませんが、文章を読み取る力や、総合的な学習能力の向上にも効果があり、集中力や持続力UPの効果もあります。

電卓で直ぐに答えが出る時代ですが、人間の脳は鍛えれば電卓を手で弾くよりはるかに速い速度で答えが出せます。

それにより、様々な作業の効率が上がります。

そろばんは時代が進んでも必須の習い事だと思います。

【パソコン関連】

先程書いたようにプログラミングや構築。

まとめ

 

ランキングされている習い事はやめた方がいいよということではなく、

あくまでも優先順位としてその時代の流れに合った習い事、

今はそれを学んでおいた方が後々役立つと思われますよというものをピックアップしてみました。

 

リトミック

そろばん

パソコン

 

個人的にはこの3つですが、いかがでしょうか。

習い事は、親の考えだけでなく、子供が本当にそれをやりたいのかが大前提です。

Sponsored Link