平昌オリンピックのカーリング女子日本代表チームの「ロコ・ソラーレ北見」最年少24歳の吉田夕梨花選手は吉田知那美選手の妹さんです。

姉妹揃ってオリンピック日本代表に選ばれるのはとても実力があり素晴らしいことです。

そんな吉田夕梨花選手プロフィールや過去の映画出演など調べてみました。

Sponsored Link

LS北見の吉田夕梨花さん(妹)はかわいい最年少!

LS北見で2番目に小柄な吉田夕梨花選手ですが、お母さんとお姉さんがカーリングをやっていた影響で5歳の時にカーリングを始めだそうです。

2007年には第24回日本カーリング選手権で、カーリングチーム「常呂中学校ROBINS」に吉田夕梨花選手は13歳で日本選手権最年少出場し、3位に入賞しています。

このような実績をもち現在LS北見ではリード(一番手)を任される、かなりの実力を持った選手だと思います。

【吉田 夕梨花】(よしだ ゆりか)

生年月日:1993年7月7日(24歳)

身長:152cm

体重:46kg

出身地:北海道北見市常呂町

出身中学:北見市立常呂中学校

出身高校:北海道常呂高等学校

出身大学:東海大学(国際文化学部国際コミュニケーション学科)

性格:几帳

特技:早起き、整理整頓、水泳

趣味:スポーツ、スポーツ観戦、ピアノ、映画、ネイル

好きな言葉:大丈夫、きっとできる!

好きな色:白

好きな食べ物:お母さんの作ったおにぎりとからあげ

好きな映画・音楽・本:スラムダンク、リアル(マンガ)

休日の過ごし方:買い物、映画、DVD観賞

Sponsored Link

LS北見の吉田夕梨花さんは(妹)映画シムソンズのエキストラ出演

吉田夕梨花選手は2006年公開の映画「シムソンズ」にエキストラとして出演していました。

2006年当時は本橋麻里選手の人気と共にカーリングがブームになり、映画化されたのだと思います。

映画「シムソンズ」とは、

ソルトレークオリンピックに北海道の常呂町から実在のカーリング女子日本代表チーム「シムソンズ」の実話に基づいた青春ストーリーです。

「シムソンズ」のメンバー4人を、加藤ローサさん、藤井美菜さん、高橋真唯さん、星井七瀬さんが演じています。

その映画の試合のシーンで、実際のカーリング選手も何人か出演しています。

その中の1人が「吉田夕梨花さん」(LS北見)です。

他には、近江谷杏菜さん(北海道銀行フォルティウス)、江田茜さん(元LS北見)、松井千愛さん(元チーム東京)など後にカーリングで活躍する選手が出演していました。

まとめ

吉田夕梨花選手の経歴やプロフィール、映画出演について書いてみました。

意外な経歴の持ち主ですが、子供の頃から活躍する実力ある選手で平昌オリンピックでもそのポテンシャルを存分に発揮して欲しいです。

【2018年平昌オリンピックのカーリング女子開催予定日】

予選:2月14日(水)〜2月21日(水)

決勝:2月23日(金)〜2月25日(日)

カーリング混合ダブルスルール

Sponsored Link